汚泥の底日誌

文章力向上と自分の書きたいことを書き殴るためのブログです。

第516回 ゲームブックとロボとバージェス頁岩動物群

常日頃からお世話になっております。

ケンロクエンです。

 

おかげさまで第516回です。

 

何度かブログでも出しましたが、ロボットものが好きなんです。

たぶんその原点は戦隊モノのロボットやロボットアニメなんですが、幼少期に見たロボット描写で鮮烈に残っているものがあります。

 

それがこのにゃんたんのゲームブックーきっかい!ロボット島ー

f:id:ken-6-en:20210417043916j:image

 

まずみなさんはゲームブックというものをご存知でしょうか?

ページをめくっていくと問題が書いてあり、問題の答えがAだと思うなら〇〇ページへ、Bだと思うなら〇〇ページへなどと書いてある通りに進み、どんどん問題を解きながらストーリーを進めていくという遊びをする本のことです。

 

このにゃんたんのゲームブックシリーズは幼少期に兄が好きで俺も暇な時に遊んでいたのですが、上記のきっかい!ロボット島だけはとにかく強く覚えています。

 

いや、ぶっちゃけストーリーは全く覚えてないですし、表紙に描かれている白い猫がにゃんたんだったことこそ覚えているのですが、隣にいる緑の生物とか奥からミサイルぶっ放してくるロボに乗り込んだおっさんのこととかは全く欠片も覚えていないのですが、それでも覚えていることがあるんです。

 

この作品には多数のロボットが出てくるのですが、それのデザイン元がいわゆるバージェス頁岩動物群やバージェスモンスターと呼ばれるカンブリア紀の生き物なんです。

 

みんな大好きアノマロカリス

f:id:ken-6-en:20210417045048j:image

 

長い触手のオパビニア!

f:id:ken-6-en:20210417045115j:image

 

刺々しいウィワクシア!

f:id:ken-6-en:20210417045135j:image

 

復元図が上下逆でお馴染みのハルキゲニア!

f:id:ken-6-en:20210417045203j:image

 

こんな不思議で不気味な生物たちが見事にロボットとしてデザインされており、幼少期ながらに「なんてカッコいいんだ!」と感動したのを覚えています。

 

中でもカッコいいのがマルレラ。

f:id:ken-6-en:20210417045317j:image

そもそものデザインもさることながら、ツノに刻まれた小さな溝が光を乱反射して虹色に輝いていたとされるめちゃくちゃ盛られた素敵モンスターなのですが、これをロボット化したデザインがまぁ〜カッコいい!

いやほんとゲームブック買ってきて見せてあげたいくらいなのですが、残念ながら手元にないのですよ……。

 

このバージェス頁岩動物群はとにかく尖ったデザインの生き物が多数おり、さながら怪獣図鑑のような気分になります。

恐竜なんかもそうですが、怪獣と違うのはこれらが実際にこの地球にいたということ。

 

あの不思議で不気味な生物たちが大海原を我が物顔で闊歩していた時代があるって凄い浪漫なんですよね。

その浪漫をロボットというある種対極にあるデザインに仕立て上げるという発想がとにかく素晴らしい!

 

いやマジでもう一度見たいなぁにゃんたんのゲームブック

今度古本屋探してみようかしら?

 

マルレラ本当にカッコいい……。

遊戯王はとうの昔にやめたのですが、このバージェス頁岩動物群をモチーフにしたバージェストマというカードがあると聞いて再開しようか迷ったくらいには好きです。

 

一度しっかり調べようかなぁ。

マルレラ…カッコいいなぁ!

 

ブログの感想、お題、ネタなどありましたら

johnny.may.jellyfish@gmail.com

までお送りください。

また、記事下部の星、Twitterでいいね、RTしてくださるとケンロクエンが小躍りして喜びます!

第515回 エンタメ摂取でメンタルを測る

常日頃からお世話になっております。

ケンロクエンです。

 

おかげさまで第515回です。

 

漫画を読むのが好きで人のオススメなんかも積極的に読んでいった結果、コメディ、シリアス、ラブコメ、スポーツ…と多数のジャンルが我が電子書籍本棚にはズラリと並んでいるのですが、自分のメンタル具合で手に取る本が変わってきます。

 

逆に言えば最近この手のジャンルばっか読んでいるのは自分のメンタルがこんな具合なのかな?と推し量ることができてきます。

 

シリアスものとかキャラの背景が重い作品なんかは受け止めるのにメンタルを消費しますので、己のMP(メンタルポイント)高めの時じゃないと途中で無理……!ってなってしまいますし、逆にシリアスとまでは行かなくともしっとりした作品なんかはMP低めの時の方が心に刺さる感じがします。

 

つまりアレですよ。

おじさんになると大きな盛り上がりやストーリー展開に起伏のない作品を好むようになるってのが少し理解できてしまったんですよ。

 

あっ!やっべぇな!これ!

 

メンタル気にしながら作品選んでる時点でアウトなにおいがぷんぷんしますが。

 

いやいや、ですがこれを逆手に取れば自分のメンタルをうまいこと回復させる作品を探せるということ!

心安らかに読むなら小説かなぁ?

 

やはり物語の情景を頭の中で繰り広げなければならない小説やライトノベルは漫画よりビジュアルがない分インパクトはないのですが、脳内で咀嚼するのでじっくり染み渡る感はありますからね。

しかし小説に必要なのはMPよりもHPなので、こちらはこちらで肉体と要相談なのですが……。

 

今こそ昔挫折した境界線上のホライゾンを読み直す機運が来ているのか!?

最近電子書籍対応したらしいですし、ここらで取り戻そうかな?

 

ブログの感想、お題、ネタなどありましたら

johnny.may.jellyfish@gmail.com

までお送りください。

また、記事下部の星、Twitterでいいね、RTしてくださるとケンロクエンが小躍りして喜びます!

第514回 人に言えない趣味ってある?

常日頃からお世話になっております。

ケンロクエンです。

 

おかげさまで第514回です。

 

みなさんは人に言えない趣味はありますか?

人に言えないといっても非合法な犯罪的な趣味はありますか?という話ではありませんよ。

 

人に言えないって色んな理由で人に言えなくなるわけですよ。

例えば環境的な理由。

 

今ではそんなこともなくなりましたが、やはりアニメやゲームが趣味というのがあまり大っぴらに言えない時ってのはありました。

ジブリかワンピース以外のアニメは好きって言えない時期ってのは確かにあったんですよ。

 

それから時世的な理由。

俺は旅行が趣味なのですが、このご時世ですから当然できていません。

ですがまだ自分の趣味は旅行であると自負しています。

でもやはり今のご時世で趣味は旅行です!って言ったらやっぱりよろしくない空気が流れそうじゃないですか。

そんな感じで今は言うべきではない的な意味で人に言えないってことはありますよね。

 

あとは単純に感情的な問題。

俺はカエルとかヘビとか抵抗無く食えるタイプなんですが、それを大々的に言うと嫌な気持ちになってしまう人もいることはわかっているので…言わない。

それから馬肉や羊肉は大好物ですがそれが一般的な地域ならともかく俺の住んでいる場所では馬や羊は可愛い動物という印象が強いので忌避する人が多いことはわかっています。

だから…言わない。

 

そんなこんなで色んな人に言えない趣味が存在するわけですが…。

本題に入りましょう。

 

みなさんソシャゲはやっていますか?

ソシャゲに当然あるものといえばそう、ガチャですね。

 

俺の趣味はソレです……なんて言ってしまうとお金ジャブジャブヤバい人みたいになってしまいますが、基本無課金なのでご安心ください。

せいぜい長年やってるソシャゲが年に2回やる最高レア確定ガチャくらいしかやらない守備的な人間ですよ。

 

じゃあなんで趣味がソレなのかと言うと、正確にはソシャゲで最高レアが当たった時にマウントを取るのが趣味なんです。

 

最低でしょ?

でも今回の主題は人に言えない趣味なので大丈夫なのです。

 

まずソシャゲで最高レアを引き当てた時はTwitterにスクショを貼りつけて自慢をします。

その時のツイートの内容は「やったぜ」等の短く淡々とした文章にしておくのがポイント。

 

たとえ溜め込んだ石を全て吐き出したとしても泣きもしなければ過度に喜んだりもしない。

俺にとってこの結果は運命にして必然、あるがままに訪れた結果であると精神面もマウントを取りましょう。

 

続いてTwitterで検索をかけましょう。

検索するのは「キャラ名 出ない」です。

 

これでそのキャラを欲しくて欲しくてたまらない人々の怨嗟の声を一身に受けることで更なるマウントを取りましょう。

この時いいねもリツイートもしてはいけません。

イェーイ!やったやったー!と喜ぶのは三流、己の心の中だけで人々の怨嗟の声を味わうのが真のマウントソムリエです。

 

そして1番大事なのが「爆死した時は話題に出さない」です。

 

ガチャは権利であって義務ではありません。

それがどんなに魅力的なキャラであっても引かないという選択肢があります。

故に引かないことを選んだと偽装することもまた然りです。

 

勝利の結果だけを淡々と披露し、負けた時は欠片も見せない。

こうして「常に勝利している自分」をセルフプロデュースして演出するのが真なるマウント道なのです。

 

いやぁ思った以上に最低な記事になったなぁ今回……。

 

しかしこうした後ろ暗いドロドロぐっちゃぐちゃな趣味が己の精神衛生に役立っているのは残念ながら事実。

故に!俺はこれからも続けるんだろうなぁ。

 

ブログの感想、お題、ネタなどありましたら

johnny.may.jellyfish@gmail.com

までお送りください。

また、記事下部の星、Twitterでいいね、RTしてくださるとケンロクエンが小躍りして喜びます!

第513回 ダメです、ドライ

常日頃からお世話になっております。

ケンロクエンです。

 

おかげさまで第513回です。

 

空気乾燥してますね。

乾燥が本当にダメで年に一度は喉をヤりますし、今も唇アカンことに…。

 

さすがに今の時期喉をヤってしまうと不味かろうということで去年からの1年間は喉のケアをガチガチにやってなんとかどうにもならずに済んだのですが、唇の方はアウトです。

 

日常生活ではマスクマンなので大丈夫なのですが、こんな唇では彼女とキッスもできやしません。

 

……まぁ彼女…いないんですけどね…。

 

単に唇がガサガサってだけならいいんですよ。

いやよくないですけど。

 

今はオールウェイズマスクマンですし、鼻から下は誰に見せることもないのですからね。

問題はメシ食う時ですよ。

 

唇ガサガサな時に経験あると思うんですけど、メシ食おうとして口を開けた瞬間治りかけの部分がブチッ!

裂けるんですよね。

 

これが痛いのなんのって……。

メシ→治りかけ→メシ→治りかけのループで日に何度もブチッといきますしね。

 

こうなりゃ誰か助けてくれ!

これ唇のケアに効くぜ!ってヤツを急募急募!

 

俺を…助けて!

 

ブログの感想、お題、ネタなどありましたら

johnny.may.jellyfish@gmail.com

までお送りください。

また、記事下部の星、Twitterでいいね、RTしてくださるとケンロクエンが小躍りして喜びます!

第512回 盛るぺこ盛るペコ、文量盛るぺこ

常日頃からお世話になっております。

ケンロクエンです。

 

おかげさまで第512回です。

 

盛るペコ盛るペコ、文量盛るペコ。

乳尻太もも、文量盛るペコ。

 

盛るペコ盛るペコ、文量盛るペコ。

原作ぺったん、文量盛るペコ。

 

長い文章はクソというのを聞きました。

要点をまとめられない文章はクソであり、これが大事な文章であればあるほど長い文章はクソなんだそうです。

 

じゃあ盛ろうぜ。

 

このブログは暇つぶし、見るタイプの虚無、クソブログと自ら言ってきた歴戦のクソなわけですよ。

なればこそ!クソ文章の条件を、満たしてみようホトトギス

 

と言ったものの長い文章ってどれくらいからかってイマイチわかりませんよね。

というか媒体によります。

 

例えばこの汚泥の底日誌は書いてると今何文字書いてますよ〜ってのをはてなブログユーザーインターフェイスが教えてくれるので、だいたい1000文字から1500文字くらいを目安に書いています。

特にこうしよう!と思ったきっかけはないのですが、なんとなくキリがいいので。

 

して、この1000〜1500文字ですが原稿用紙にすると1枚400文字なので3〜4枚です。

 

考えなしにバシバシ改行したり行間開けたりしてるので、実際に原稿用紙に記入したらもっと枚数が増えると思うのですが、それにしたって少し多く感じますね。

 

ですが実際にスマホやPCで見てみるとあっさりと終わってしまいます。

咀嚼するほど内容が無いと言われればそれまでですが、媒体が違うと長さに対する印象ってかなり変わりますよね。

 

逆に文字数が少なくても、例えばTwitterとかで140文字ギッチギチのツイートが2〜3個繋がってたらうっわ、なっが…って思いますよね。

文字数にしたらたかだか500文字程度でこの汚泥の底日誌と比べると半分ほどしかないにも関わらず、です。

 

なのでブログの適正な長さやそれに盛るペコしたクソ長いクソ文章の基準がまるでわかりません。

そしてこういうブログのことわかりません〜的な文言をTwitterの更新報告ツイートにつけると光の速さで自称ブログコンサルタントがいいねだけ付けていきます。

こちとら閲覧人数逐一確認してしてるんですから、見てないことは丸わかりなんですよぉ…!

見てないやつのアドバイスを受ける気になると思っていらして!?

アタシそんなに軽い人間じゃありませんことよ!!

 

なんて言ってる今この辺でだいたい1000文字ですがみなさんどんなもんでしょうか?

長いですか?短いですか?

長さに関わらずクソはクソですがね。

 

ここまで書いておいてアレなんですけど、文量を盛るってどうやったらいいんでしょうね?

擬音とか入れます?

 

こうパァン!と閃いたネタをザザッと書き出して、細かな部分をシュシュッと手直し!

それをパシッと投稿したら、更新報告ツイートをガーッと書いてポチッと送信!

 

いやしんどいですねぇ!

難しい…盛るペコするにも才能がいるんですね……。

 

ブログの感想、お題、ネタなどありましたら

johnny.may.jellyfish@gmail.com

までお送りください。

また、記事下部の星、Twitterでいいね、RTしてくださるとケンロクエンが小躍りして喜びます!

第511回 ウマ娘から実際に競馬に挑戦した話〜桜花賞〜

常日頃からお世話になっております。

ケンロクエンです。

 

おかげさまで第511回です。

 

これを書いているのは朝の8時半ごろ。

染み入るような朝の寒さとそれを運ぶ穏やかな風、雲ひとつない青空とそこに浮かぶ緑の多い桜の木……。

 

戦が始まる……!

 

前回までのあらすじ!

ウマ娘からはじめての競馬に挑んだ典型的なミーハーであるケンロクエンはコントレイル単勝に賭けるものの勝利したのは下馬票ひっくり返し4番人気のレイパパレ!

しかしながらそのレースの熱い展開と、何よりレイパパレの1〜3番人気をなにするものぞと言わんが如し初手から1番を譲らぬオタクが1番好きな勝ち方に心惹かれたケンロクエンは、馬系Vtuber落雁ちゃんの手解きを受け、更なる戦いである桜花賞に身を投じるのであった!

 

落雁ちゃんのチャンネルはこちら!

落雁 - YouTube

 

情報の読み方を学び、浅学ながら自分でも調べ、最後に決めたのはこの3頭だ!!

 

大本命!ソダシ!

サンスクリット語で純粋・輝きを意味するその名前に似合う美しい白馬!

白馬として初めてG1勝利を成し遂げたこの馬が桜花賞を勝ち行く姿が……見たい!

1番人気ということもあれど、なによりも白馬が颯爽と駆け抜けるという浪漫溢れる光景が……見たい!!

夢と浪漫にその輝きを与えてくれ!!

 

続くはサトノレイナス

こちらは2番人気ですね。

ソダシとは反対に褐色のザ・サラブレッドという泰然自若な風貌はやってくれそう感が凄いですね。

騎手のルメール騎手はニワカの俺も武豊さんに並ぶくらい聞いたことある超有名騎手。

こちらも期待が大ですねぇ!

 

そしてもう一頭選んだのはアカイトリノムスメ!

このブログを書いてる8時半現在では5番人気。

いやね、血統を見てみたらキングカメハメハ(クソ強い馬)の娘とディープインパクト(クッッソ強い馬)の子どもらしいのですが、なにその俺が考えた最強の馬みたいな血統。

イメージ的にはデスタムーアとわたぼうで作ったダークドレアムみたいな感じですね。

やはりこれには浪漫を感じる……!

浪漫にツッパだ!君に決めた!!

 

さぁてここまでで一旦止めよう……。

物語の続きは今日の夕方に…。

 

 

そしてここから現在16時!

そう、戦いは終わったのです。

 

今回買ったのは!

馬連

ソダシーサトノレイナス

 

ワイド

ソダシーアカイトリノムスメ

アカイトリノムスメーソダシ……を買ったつもりが間違えてソダシーサトノレイナス

この間違いが嵐を呼ぶ…!

 

三連複

ソダシーアカイトリノムスメーサトノレイナス

 

そして落雁さんイチオシのミニーアイルを複勝ポチり。

 

ワイドを買い間違えたことに一抹の不安を感じながらもテレビの前で刻一刻とその時を待つ。

あっソダシ綺麗…。

 

そして……今……スタート!!

サトノレイナス出遅れた!?

ハラハラドキドキ桜花賞

と思ったらメイケイエールが早くもスパート!

わからん…どうなるか全くわからん!

ソダシ前方ながら少し遅れて最終コーナー!

アカイトリノムスメも近くにいる!

どうなる!?どうなる!?

 

その瞬間ソダシが内側からスッと外に移動…。

え?と思ったらグングン伸びる!

伸びる伸びるソダシが早い!

 

ファインルージュとアカイトリノムスメも追い縋るけどソダシが止まらない!

白い輝きが!ソダシの名前そのままに!

ただひたすらに前に向かいそのままゴール目指して……ズォッ…!

 

信じられないぐらいの爆速で追い上げて来たのは出遅れたはずのサトノレイナス

そのままアカイトリノムスメとファインルージュをぶっちぎり、ソダシに追いつかんとする直前でゴール!

なんじゃありゃ……!

 

あと数メートルあったら、最初の出遅れがなければ…いやいや、勝負にたらればを持ち込むのは禁物。

しかしながら…これが…勝ち!

 

先週の大阪杯とは違うドキドキが心に湧き出るこの感じ。

これは…たまらないなぁ!

 

そして間違えて買ったワイドがまさかの的中で運命力を感じました。

 

やった!やったよ!

俺…やりました!!!

 

 

ブログの感想、お題、ネタなどありましたら

johnny.may.jellyfish@gmail.com

までお送りください。

また、記事下部の星、Twitterでいいね、RTしてくださるとケンロクエンが小躍りして喜びます!

第510回 エイプリルフールってハードル上がったよね

常日頃からお世話になっております。

ケンロクエンです。

 

おかげさまで第510回です。

 

今年もエイプリルフール……からもう1週間近く経ちましたね。

みなさんは嘘つきましたか?

俺はブログの文末に適当な妄言を書き連ねたので興味ある人は4月1日のブログを見てみてくださいね。(露骨な宣伝)

 

しかしエイプリルフールの嘘もハードルが上がりましたよね。

個人が気軽に全世界は向けて発信できるようになったからなのかどうかは知りませんが、昔は「〇〇なんだって!」「マジで!?」「うっそー!」みたいな程度だったのに、今では迂闊な発言はできないですし、何より…

 

面白くないものは許されない!!

 

こと近年は企業がこぞってSNSとかでエイプリルフール用のネタをガチガチに作り込んでくることもあってかエイプリルフールの嘘はもはやただの嘘ではなく「作品」になってしまったんですよ。

嘘に!嘘ごときにクオリティを求められてしまう末恐ろしい世界!

 

面白くない嘘はただの害悪であり、迫害の対象!

面白い嘘も枕か末尾にこれは嘘です!と付けなくてはならないマッポーの世!

だったらもう…やめればいいのに!

エイプリルフールの嘘…やめればいいのに!

 

あとゲーム会社がみんなが喜ぶ仕様をエイプリルフールネタでぶち込んでくるのは本当にやめてください。

あっ…コレ未来永劫実装されないんだ…っていう失望感は半端ないので、そういうの、ホント、やめろ。

 

あの作品がリブート!満を辞してリメイク!からのエイプリルフールでしたー!うっそー!

 

殺すぞ(直球)

 

おっと強い言葉が出てしまいましたね。失敬失敬。

 

エイプリルフールのネタにするくらいなら「もうこの作品の新作は作りません」ってお葬式でもしてくれた方がよくってよ!

輪廻転生も許されずに死蔵され、久しぶりに引っ張り出したかと思えば死体を見せ物のされたファンの気持ちが貴様らにわかるのかよぉ〜(血涙)

 

ていうかエイプリルフールネタ作るための労力を作品に回してくださいな。

日々の鬱憤晴らしのガス抜きなら構いませんが、時折スタッフとかいわゆる中の人とかが「いつもの作業より大変でした」「休みを削って作りました」みたいなこと言ってますが…やめればいいのに!

そんなに辛ければ…やめればいいのに!!

 

そういえばエイプリルフールに嘘ついていいのは午前中までっていうの嘘らしいですよ。

でももう日本ではその午前中ルールが何故か浸透しまくった結果、エイプリルフールに嘘ついていいのは午前中までっていうのが今は本当らしいですよ。

よくわかりませんけど。

 

ブログの感想、お題、ネタなどありましたら

johnny.may.jellyfish@gmail.com

までお送りください。

また、記事下部の星、Twitterでいいね、RTしてくださるとケンロクエンが小躍りして喜びます!