汚泥の底日誌

文章力向上と自分の書きたいことを書き殴るためのブログです。

第618回 萌えは怪異にどこまで対抗できるんだろう?

常日頃からお世話になっております。

ケンロクエンです。

 

おかげさまで第618回です。

 

みなさんは八尺様という都市伝説をご存知でしょうか?

発祥はインターネットらしいこの都市伝説では、八尺(2m40cm)はあろうかという巨大な女性型の怪異が登場します。

 

田舎に帰った青年が「ぽぽぽ…」とつぶやく巨大な女性に遭遇。

そのことを親族に話すと親族一同血相を変えて大騒ぎ。

八尺様に魅入られてしまった青年は親族の人にお札を持って一晩部屋に閉じこもることを命ぜられます。

 

怖くなった青年が部屋に引きこもって怯えていると、2階なのに窓をコツコツと叩く音が聞こえ、耳をすますとあの「ぽぽぽ…」という声が……。

恐怖に震える青年の元に届いたのは祖父の「もう大丈夫」という優しい声。

ホッとして扉に手をかけるも、ふと思い出す「朝まで部屋から出るんじゃない!」という祖父の言葉。

 

明らかに矛盾した言葉に不信感を抱き、扉から離れると聞こえてきたのはあの「ぽぽぽ…」の声。

泣きそうになりながら布団に包まり震えていると気づけば夜は明け、「ぽぽぽ…」の声も聞こえなくなっていました。

 

恐る恐る扉を開けると心配していた親族一同が出迎えてくれ、なんとか乗り切った模様。

その後も親族で固められたワンボックスカーの中心に押し込められて田舎を出るも、余程気に入られてしまったのか窓の外にちらりと見えたのはあの巨大な女性の大股の足。

 

結局のところ青年の身に怪異は降りかかることはなく、無事に帰ることはできたのですが、これがトラウマになったのか以後10年に渡り青年は田舎に帰ることはなく、日々を過ごします。

 

そしてそんな時その八尺様とのやりとりを同じ田舎出身者に話したところ、最近八尺様を祀っていた地蔵が壊された話を聞く……という後味の悪い終わり方をします。

 

さて、ネットに触れている人なら1度は耳にしたことのあるこの八尺様。

細部が異なるものの基本的にはこのような話で、中には八尺様に魅入られた者は連れ去られる、取り殺されるなどのバージョンも存在します。

取り殺されるバージョンでは同じ夏の怪異として有名なネット発の都市伝説である「くねくね」と混同されたのか、幼い兄弟のうちの兄or弟のどちらかが心身に支障をきたしたり、亡くなってしまうパターンがあります。

 

八尺様の特徴としてはその八尺に及ぶ巨大な体躯も去ることながら、服装がワンピースと鍔広の麦わら帽子という現代的な服装である点。

地蔵や祠によって祀られ、念仏やお札で対処可能な点から八尺様そのものはかなり古くからその地域に存在するようなのですが、服装を現代に適応させているのは見ようによっては恐ろしいところ。

 

なにせ八尺様の存在を知らない人からしたら、そのやけに大きな体躯もあくまで身体的特徴に過ぎず、「ぽぽぽ…」の口癖も八尺様がメジャーになった今でこそ「八尺様!?」となるかも知れませんが、初見かつ八尺様知識ゼロだと「星のカービィが好きなのかな?」「鼠先輩って今何してるんだろう?」くらいにしか感じないかも知れません。

それどころかマジで身長が高いだけの女性の可能性もあるので、迂闊に怪異と断定できないのが怖いところ。

 

物語の中でも巨大な体躯と「ぽぽぽ…」合わせ技一本でようやく八尺様と気付いた節がありますしね。

 

さらに外から窓を叩いたり、夜通し「ぽぽぽ…」を聞かせる、落ち着いたフリをして祖父の声を真似る=家の中に通じるはずの扉からアタックするという精神攻撃に関してはかなりの狡猾さを見せています。

 

原典の物語では青年は無事に田舎を脱したために事無きを得ましたが、扉を開けてしまった時はどうなってしまったのでしょうか?

 

季節が夏ということもあって、俺のTwitterのタイムラインにも八尺様に魅入られた人が多いのか、日々イラストが流れてきます。

 

少年大好き色々デッカいおねーさんとして。

 

えぇ……。

 

しかもどのイラストでも割と無邪気にはしゃぎ回る少年に振り回されがちに描かれており、怪異としての恐ろしさが描写されることは稀……。

 

が、しかし!これは妖怪などの怪異の成り立ちからしたら正しいのかもしれないのです。

 

そもそも妖怪などの怪異は当時では(現代でも)解明不可能な代物を「怪異」という枠に当て嵌めることによって理解しようとした側面があります。

よくわからないナニカに形を与えることによりそれを理解したり、人の形をしているなら目など共通の弱点もある!と対抗したりしたわけです。

 

となると怪異を萌えキャラに落とし込むのも「これだからオタクは…」と思いがちですが、萌えキャラという形に落とし込むことで無害化、味方化させているという解釈もできます。

 

できるったらできるんです!

 

さて!そんなことを考えながら少年大好きデカガールと化した八尺様を見てみましょう!

原典では青年とは昼にすれ違っただけで、行動に移したのは夜になってからですが、少年大好きデカガールとしての八尺様は昼日中から少年と一緒!

 

ゲェーッ!強化されてるぅー!?

 

しかも少年と一緒=「くねくね」混同パターンなので、くねくね由来の精神破壊スキルと即死スキルも兼ね備えてる可能性もあります!

Fate的な表現をすると複数の霊格が混合したハイ・サーヴァント!多数の伝承が混同されたが故の無辜の怪物!

 

だがしかし、少年が害されている描写はないため、無害っちゃ無害。

 

こんな感じで怪異を人の形や萌えキャラに落とし込み、無害化するのは現代的除霊法ですよね。

しかし人の形を与えるということは、人と見分けがつかなくなるということ。

原典の八尺様でもその体躯でありながら青年はそれが怪異とは思っていませんでしたし、あなたが人と思っているその人も、実は怪異なのかもしれませんね。

テレレレレーン テレレレレーン

テレレレテッテッ テレレレレーン

 

ブログの感想、お題、ネタなどありましたら

johnny.may.jellyfish@gmail.com

までお送りください。

また、記事下部の星、Twitterでいいね、RTしてくださるとケンロクエンが小躍りして喜びます!

第617回 第一回!SensitiveGarticPhone大会!!!

常日頃からお世話になっております。

ケンロクエンです。

 

おかげさまで第617回です。

 

今回のブログは汚泥の底日誌初のR18企画なので、未成年の汚泥リスナーはダメですよ。(いるのか?)

f:id:ken-6-en:20210724225113p:image

 

時は1週間近く前に遡る……。

 

ケンロクエン「Gartic Phone楽しいなぁ!時折流れてくるセンシティブなお題はやっぱりみんなノリノリだなぁ」

ケ「…………!!!じゃあセンシティブ経験者でGartic Phoneやればめちゃくちゃぶっ刺さるやつやれるんじゃね!?」

 

こうして方々に声をかけ、集まってくれた有志による天下一……SensitiveGarticPhoneが開かれることとなった!!!

 

f:id:ken-6-en:20210724225853p:image

 

今回エントリーしてくれたセンシティブマイスターはこちら!

 

まずは1人目!鳴坂ブロンズさん!( @NarusakaBronze )

twitter.com

 

続いて2人目!灯笠さん!( @hgs_bi )

twitter.com

 

さらに3人目!nikujagaさん!( @nikujaga96737782 )

twitter.com

 

そして4人目は!えっちな肉棒大回転祭さん!( @gomieros )

twitter.com

 

まだまだ5人目!らいつさん!( @lie_lie_py2 )

twitter.com

 

最後に当日にも関わらず快く参加していただいたかえぬこ先生!( @kaenuko )

twitter.com

 

そこに画力カスのケンロクエンを加えた7人によるSensitiveGarticPhoneの火蓋が切って落とされた!!!

 

いや、マジで企画主催者とはいえコレ俺が混ざってしまって大丈夫なんですかね?

いやいや!迷っても仕方がない!

まずは1回やってみよう!

最初は普通のお題でレッツゴー!!

 

f:id:ken-6-en:20210724234701g:plain

 

いやぁ可愛い!いいじゃないですか!

 

f:id:ken-6-en:20210724234744g:plain

 

おや?まだ1週目ですよ?

 

f:id:ken-6-en:20210724234911g:plain

 

1週目……なんだけどなぁ……。

 

f:id:ken-6-en:20210724235143g:plain

 

そうそう!こういうのが普通のですよ!

 

f:id:ken-6-en:20210724235213g:plain

 

国・際・問・題・!

後から気付いたんですが、これがデフォルトお題なのがびっくりです。

 

いくつか出せないやつもあるのでここまでですが、とりあえず1週目は穏便な開始。

さぁ!それでは限定解除といきましょうか!!!

 

限定解除の2週目ドン!

f:id:ken-6-en:20210724235940g:plain

 

グヘヘヘヘヘヘ……。

自分の想定したお題が名だたる面子に描かれるというのは素晴らしいですね!

役得役得!主催者特権!

 

f:id:ken-6-en:20210725000208g:plain

 

いや……その.……本当にゴメンサイ。

恐れていた事態が起こってしまった。

カス画力によるお題の歪曲!情報の錯誤!

許されない!これは許されない!!

 

f:id:ken-6-en:20210725000917g:plain

 

らいつさんの考えるパンが極めてナニカを感じるものの、最終的に爽やかに仕上がって眼福です!

いやぁこれはセンシティブと言いつつ一陣の風が如き仕上がりになるのではないでしょうか。

 

f:id:ken-6-en:20210725001151g:plain

 

かえぬこ先生!?!?!?!?

これを1発目に引いたときの衝撃たるや.……。

しかも別作品に飛び火してしまった!やばい!やばいですよ!

 

恐れを感じながらレッツ3週目!

さぁ…どうなる!?

 

f:id:ken-6-en:20210725002313g:plain

 

 

ここらで「これ欲しい属性描いてもらえる」という本質に気づいた者がチラホラ出てくる。

気付いてしまったか!

 

f:id:ken-6-en:20210725003027g:plain

 

大回転祭さん、大・回・転!!!

なんだこれ……なんだこれ!?

マジで俺は何を見せられているんだ!?!?!?

 

f:id:ken-6-en:20210725003529g:plain

 

うへへ…ここらで趣味を隠さなくなったケンロクエン。

何を隠そう私は厄介性癖大学デカチチ学部所属の.……すいません。

 

f:id:ken-6-en:20210725004210g:plain

 

唐突に表れたとっとこドカ太郎。

センシティブの方向性がちがうんだよなぁ。

 

f:id:ken-6-en:20210725004314g:plain

 

ここで軌道修正してセンシティブ薄目に。

レバーの位置が違うなど、細かいところに目が行くように。

 

f:id:ken-6-en:20210725004508g:plain

 

強めのnikujagaフィルターにより方向性をバチッ!と定められてからのしっかりとした出来にワタクシ大歓喜

 

ここでもう1時間経ってしまったのでかえぬこ先生が退出。

本当に楽しかったです!ありがとうございました!!

 

そして残った人によるさらにブレーキの壊れたSensitiveGarticPhoneの夜は更けていく!

 

f:id:ken-6-en:20210725005002g:plain

 

一部の人に刺さるお題を出すも驚異のnikujagaフィルターによって流れが変わる!

 

f:id:ken-6-en:20210725005137g:plain

 

せっかくセンシティブ方面に戻るもケンロクエンの画力が足らずに生み出されるクリーチャー!!

 

f:id:ken-6-en:20210725005255g:plain

 

舞元さん!?(nikujagaフィルター)

 

f:id:ken-6-en:20210725005334g:plain

 

舞元さん!!!(純然たる事故)

 

なんかチャンネル登録してないのが申し訳なくなっちゃったなぁ。

 

そしてセンシティブ方面に取り舵して今回はここまで!!

f:id:ken-6-en:20210725005541g:plain

 

いやぁ楽しかった!こんなに笑ったのは久しぶりです!

センシティブと銘打ったものの、なかなかそういう自分では出てこない発想が出てくるのは斬新でした!

またやりたいですね!

 

今回さんかしていただいた灯笠さん、鳴坂ブロンズさん、nikujagaさん、えっちな肉棒大回転祭さん、らいつさん、かえぬこさん、本当にありがとうございました!

今回参加していただいた方々のうち鳴坂ブロンズさんのサークル「魔法科学研究所」の同人誌をご紹介!

こちらジャンル的にはR18-Gですので調べる際はご用心。

www.dlsite.com

 

そしてかえぬこ先生のはこちら!

www.dlsite.com

 

ミヤちゃんシリーズは8月に最新作が出るので楽しみですね!

 

いやぁ思った以上に楽しかったSensitiveGarticPhone!

これはまたやりたいです我こそは!というR18イラスト描きの人たちよ!
SensitiveGarticPhoneはいつでも君の挑戦を待っている!!

 

ブログの感想、お題、ネタなどありましたら

johnny.may.jellyfish@gmail.com

までお送りください。

また、記事下部の星、Twitterでいいね、RTしてくださるとケンロクエンが小躍りして喜びます!

 

第616回 オンラインイベントっていいね

常日頃からお世話になっております。

ケンロクエンです。

 

おかげさまで第616回です。

 

昨日人生初のチケット購入式のオンラインイベントに参加したのですが、チケット争奪戦がないのっていいですね。

今まで何度となく「チケットをご用意することができませんでした。」の文字に心を打ち砕かれてきた身としては、オンライン故にそうした心配がないのは本当にありがたい。

 

もちろん、ステージに上がる人やスタッフさんからしたら現場の生の声が聞けない現状は心苦しいものでしょうし、今後これが主流になるべきではないのでしょうが、今の情勢で大きな移動もせずに家庭で見られることはやはり素晴らしいですね。

 

俺も地方出身者なので、チケット争奪戦以外にもイベントに必要なあらゆる経費とか考えると、これからもオンラインイベントやオンライン配信は生きていってほしいものです。

なんせ地方民からしたらイベント参加は修羅の巷!

 

チケットそのものは高くて1万円くらいなのに、往復の新幹線や飛行機代で数万円、ホテルでさらに数万円、飲食代なんかを含めるともっとかかりますし、イベントが日曜日だとその後の有給申請とかなんとか考えると胃が痛たたた……。

後から計算したらイベント+グッズ+友人たちと打ち上げで精々2〜3万円だったのに、移動と宿泊でその倍以上かかるとかもザラ。

 

だからといってケチって見知らぬ土地で迷子になったり、しっかり睡眠がとれない劣悪な体調でイベントに挑むのも…と思うとそこのクオリティも落とせず結局出費がフライアウェイ。

 

地方民の財布事情は辛いのです。

 

さて、オンラインイベントで違うな!と感じるのはやはり演出でしょうか。

リアルイベントだと観客に向けてのイベントになるので観客席とステージという昔ながらの形が一般的なのですが、オンラインのイベント、即ち無観客故にその必要がないために演出も変化していましたね。

 

特にカメラアングル。

 

ステージを見る観客席視点はもちろん、上や左右、後ろからのカメラを使った演出が実に豊富で、これは有観客ではできない演出だなぁと思いました。

観客席あるのに演者が頻繁に後ろ向いたりとかできませんものね。

 

これうまいことやったら円状のステージとかでカメラをぐるぐる回したり、これ故の演出がどんどん進化しそうで個人的にはワクワクしています。

こうしたカメラの使い方や演出が進化すると、後のPV撮影とか映像作品にも反映されそうですしね。

 

できることなら有観客、それも自分が現地入りしたいですが、無観客のオンラインイベントにも伸びしろも必要性があるのも事実。

流行病が落ち着いても、うまいこと共存してほしいですね。

 

ブログの感想、お題、ネタなどありましたら

johnny.may.jellyfish@gmail.com

までお送りください。

また、記事下部の星、Twitterでいいね、RTしてくださるとケンロクエンが小躍りして喜びます!

第615回 推しのソロイベ限界記録

常日頃からお世話になっております。

ケンロクエンです。

 

おかげさまで第615回です。

 

朝!夜勤を終えたケンロクエンは、ドエライ勢いでブラックコーヒーをがぶ飲みしながらかんがえていた!

f:id:ken-6-en:20210723211745j:image

今日は推しのVtuber、花京院ちえりちゃんの初のソロライブである「めるへんちぇりっく城」の開催日でした。

 

ここまで色々あった…本当に、本当に色々あった……!

言いたいこととか書きたいこととかたくさんあったはずなのに、いざ目前に控えると「もう…そんなことは…どうでもいいんだ」とうだうだ言わずにただただ楽しみという気持ちが爆発してしまって、ドキドキしながら床につきました。

 

そしてイベント開始1時間前、目覚めて風呂に入り、軽く腹ごしらえ。

オンラインイベントなので時間に余裕はたっぷりあるのがいいですね。

 

そして始まったイベント!

めるへんちぇりっく城!

 

いきなりのネコミミフードの新というかバージョンアップ衣装にやられる!

やるじゃあないか!

 

めるへんちぇりっく城という名前が某風雲なお城を彷彿とさせるワードだったために、もしかして…と思ったら本当に平成中期を思わせるさまざまなアトラクションをストーリー仕立てで進んでいくイベント構成。

その所々で挟まれるぶらっくちえりちゃんとの寸劇。

 

いいよね。

 

でもやはりたまらないのは今回のイベントで発表されたオリジナルソング2曲でしょうね!

 

イベントの名前を冠しており、ジャズっぽくて可愛い「めるへんちぇりっく」とストレートな応援曲「Cherry UP」

 

どちらも素晴らしいし「めるへんちぇりっく」の方は普通に歌唱とダンス込みの2回披露!

いやぁ〜ちえりちゃんはダンスやってるからな!

 

早く配信するんだよぉ!どっとライブぅ!

 

思えば幾星霜。

Vtuberなる存在を知ったときになんの因果かオススメに表示されてから、ひたすらに追いかけてきた先についに開かれたこのイベント。

嬉しくないわけがない!

 

楽しくて、嬉しくて、本当に良かった!

 

自分のことを何もない普通の女の子だと言っていたけど、ここまでやってこれたことは十分に特別。

 

とにかく楽しかった!

とにかく嬉しかった!

 

これからも応援させてくださいね!!

 

チャンネル登録よろしくお願いします!(ダイマ

花京院ちえり - YouTubeyoutube.com

 

f:id:ken-6-en:20210723213628p:image

 

ブログの感想、お題、ネタなどありましたら

johnny.may.jellyfish@gmail.com

までお送りください。

また、記事下部の星、Twitterでいいね、RTしてくださるとケンロクエンが小躍りして喜びます!

第614回 異類婚姻譚は面白いよね

常日頃からお世話になっております。

ケンロクエンです。

 

おかげさまで第614回です。

 

異類婚姻譚というものをご存知でしょうか?

異なる種族の生き物と人間とが結婚する物語の総称といえば、異類婚姻譚という言葉に馴染みがなくとも「なるほどね」と思っていただけるのではないでしょうか。

 

日本は異類婚姻譚の数がかなり多いそうで、調べてみるとその数に驚きます。

古くは日本神話にも見られ、火折尊と豊玉姫という二柱の神様の話が異類婚姻譚とされており、その孫が初代天皇たる神武天皇だそうで、そりゃ日本で異類婚姻譚が多いわけだぜ!って思ってしまいますね。

 

現代でこそファンタジーRPGの普及で幸せな異類婚姻譚も多いですが、基本的に異類婚姻譚は正体バレによる破局等のバッドエンドがセット。

有名どころだと鶴の恩返しがありますし、結婚までは行きませんでしたがかぐや姫こと竹取物語も異星人(月星人)との悲劇的異類婚姻譚と言えます。

 

むしろハッピーエンドのほとんどが玉藻前封神演義妲己のような傾国の姫のような正体が悪の場合がほとんど……ってどっちも白面金毛九尾狐じゃねーか!

自重しろ!バカ!

 

いまや当たり前となったケモミミ属性ですが、狐との異類婚姻譚にはふとした時に耳や尻尾が見え隠れする的な話が多く、こういうところから今に至るのかなぁなんて考えたりしながら異類婚姻譚を調べています。

 

オススメの異類婚姻譚があれば是非教えてくださいね!

 

f:id:ken-6-en:20210722135553p:image

便利な素材を鳴坂ブロンズさん(Twitter ID @NarusakaBronze )にいただきました!

ありがとうございます!

 

ブログの感想、お題、ネタなどありましたら

johnny.may.jellyfish@gmail.com

までお送りください。

また、記事下部の星、Twitterでいいね、RTしてくださるとケンロクエンが小躍りして喜びます!

第613回 オリジナルのロゴとかエンブレムって憧れるよね

常日頃からお世話になっております。

ケンロクエンです。

 

おかげさまで第613回です。

 

自分を表すロゴとかエンブレム、いいですよね。

ロボットアニメが好きな人なんかは自分専用のパーソナルマークは一度は憧れたことがあるんじゃないでしょうか?

 

某のちに逆襲する人が赤い機体に乗るとか、バトルジーニアス天パがユニコーンのパーソナルマークを入れていたりなんかに憧れて、自分専用のエンブレムを想像した人は少なくないはず!

じゃあ作ってみよう……と思ったりもするんですけど、これがなかなか難しい。

何が難しいって名前ですよ。俺の名前。

 

ケンロクエン。

 

これがケンロクエンのマークです!って言って世に出したら、まぁ、アレですよ。

消されますよね。

 

うん、まさか自分の存在が1番の障害になるとは思わなんだ。

しかしながら名前がモチーフにできなくとも他に俺を表現するものを組み合わせて作ることはできるはず!

 

で、俺と言えば……なんだ?

 

まずはこのブログなんでしょうけど、モチーフが「汚泥の底日誌」ってのはなんか嫌だなぁ。

今更ですけど字面が汚いんですよね。

 

自分の中にある良いも悪いも積み重なった本当に書きたい心の底という意味で名付けたこの「汚泥の底日誌」ですが、まぁ文字だけ並べたら仕方ないけど汚らしい。

汚泥の底日誌モチーフのマークなんか作った日にはさぞドロドロしたものになるでしょう。

 

故に、却下。

 

個人的に好きなものといえば、アバターにも描いてもらっているバイザーが好きなのですが、バイザーをエンブレムに落とし込むのは難しそうですし……うわー!大変だコレは!

 

普段何気なく見ているコンビニなんかのロゴデザイン、アニメやゲームの題字とかってこんなに考えるのが難しかったんですね。

ロボアニメのパーソナルマークがどんな感じで作られているのかはわかりませんが、作中世界で「ちょっとさぁ〜俺らしいマークを機体に入れて欲しいのよ(上官命令)」とかされたらクーデターもやむなし!

 

いや普通に考えて俺の専用機だから全塗装しといてとかも大概なんですよね……。

 

Vtuberとか見てると当たり前に色んな人がマークや名前を象ったロゴなんかを作ってポン!してますが、その裏でどれだけの産みの苦しみとそれによる死屍累々が積み上げられているのでしょう……。

 

世のデザイナーの方々、本当にお疲れ様です。

 

ブログの感想、お題、ネタなどありましたら

johnny.may.jellyfish@gmail.com

までお送りください。

また、記事下部の星、Twitterでいいね、RTしてくださるとケンロクエンが小躍りして喜びます!

第612回 感想を書くのが怖くなった話

常日頃からお世話になっております。

ケンロクエンです。

 

おかげさまで第612回です。

 

藤本タツキ先生のルックバックを読みました。

自分が人生を賭ける程何かにのめり込んだり、そもそもが飽き性で物事を長く続けることができない性分なので、共感した!とか刺さった!とかはさすがにないのですが、それでも感じることはたくさんありましたし、良い漫画だと思いました。

俺のTwitterのタイムラインにもひっきりなしに感想が流れてきていますし、特に創作活動をしている方々の感想は見ていて楽しいものです。

 

そんな中とある感想と考察を書いたツイートが流れてきました。

こういう感想だった!そしてきっとこういうメッセージが込められているんだ!そんな感じのツイートです。

 

その感じたメッセージとやらが俺とまるっきり違っていたこと、何より俺が嫌いなタイプの考察だったので、俺は見なかったことにしようと思ったのですが、付いてるんですよ、何千何万ものいいねやリツイートが。

リプ欄は賛同や賞賛で埋まり、引用リツイートでこれこそが正解!この考え方が答え!という言葉で盛りだくさん。

 

別にこれが初めてではないし、同じように感じた人も少なくないのではないでしょうか?

 

AとB、2つの考え方があって俺はAが好きだけど、大多数はBが好き。なんてことが。

それどころから後年作者直々にBが正しい、そういうメッセージを込めました!って公言されてしまうことだってあります。

 

だから今回もそういうことなんだろう、作者が言うまで答えはわかんねーし!で済むはずだったんですけど、なんというか…思ってしまったんですよね。

俺がおかしいのかな?って。

 

インターネットに触れていると数字のパワーとダンシング・トゥナイトすることは少なくありません。

というか最近ダンシング・トゥナイトした記憶まであるのでそのせいかもしれませんが、間を置かずに流れまくる有識者や創作活動者の感想に、数のパワー盛り盛りの自分とは真逆の感想と考察が流れてきたことで「あ…これもう俺何も言えねぇや……」ってなってしまったんですよね。

 

こうしてブログなんぞを世に放っている人間ですから、感想の1つ1つがありがたいのは染み入るほどにわかっていますし、わかっているなら閉口すべきではないのですが、それでもやっぱり何も言えなくなってしまいました。

 

これがいっそファンタジーものだったら「そういう解釈もあるよね」で押し倒せたんでしょうけど、こういう人の感情や執念、想いに寄り添う作品でみんなと同じことが読み取れなかったということになんか物凄い欠陥性みたいなものを感じてしまったんですよ。

 

もしそれを押し切って感想や考察を書いて、それが後年作者さんに全然違う「正解」を出されたら俺はたぶんこの作品を嫌いになってしまう、読まない方が良かったと思ってしまう、自分のことが嫌になる。

だから俺は何も言えねぇ。

 

本当にもう、嫌になっちゃうよね。

 

ブログの感想、お題、ネタなどありましたら

johnny.may.jellyfish@gmail.com

までお送りください。

また、記事下部の星、Twitterでいいね、RTしてくださるとケンロクエンが小躍りして喜びます!